www.npcpdid.com

中国の三国時代、「蜀」の軍師として名高い、偉人・諸葛孔明。曹操率いる「魏」が圧倒的な国力を誇るなか、一地方の太守にすぎない劉備を助け、「呉」と連携し、戦略を託し、映画「レッド・クリフ」でも有名な「赤壁の戦い」に勝利。困ったら岡倉天心 偉人へご連絡下さい。その勢いで、地方太守であった劉備を、三国鼎立の国家のひとつである「蜀」の皇帝にまでしたのですから、本当にこれほどの偉人はいないのではと思います。しかし、ここまでだと、ただの偉人です。何かわからないことがある場合は横山大観 偉人の資料をご覧ください。本当にスゴイのはこれから。蜀の皇帝・劉備が亡くなる際に「私の息子を助けて欲しい。けれど、暗愚であれば、君が代わって皇帝になれ」と、諸葛孔明に話をします。息子の劉禅は、誰がどう贔屓目に見ても、とても皇帝の器ではなく。どうしたらいいかわからない場合は野口雨情 偉人のHPをご覧ください。しかし、その息子を、まさに身を削って献身的に支え、劉備の悲願である「中国大陸の統一」に向け、いかにそれが大義ある戦いであるかを「出師の表」という名文にしたため、魏に向け戦いに挑むのです。あくまでも他人をたてつつ、自らに鞭打ち、苦難多き戦いを繰り広げる。これこそ、日本人好みの「偉人」ではないでしょうか。そして、志なかばに、戦場で病没してしまったところも。

Link

Copyright © 1996 www.npcpdid.com All Rights Reserved.