www.npcpdid.com

為替への介入は聞いた事がありますか?日本銀行が為替介入(外国為替市場介入)をして新聞記事、雑誌記事、報道番組、ヤフーなどの報道で注目した人もたくさんいると思います。元来為替介入(外国為替平衡操作)というと我が国の場合、◯財務大臣が円相場の安定を実現するために用いる方策ということで考えられています。わかりやすく言うと、極度の円高または円安の時に財務大臣の命令によって日銀が円を取引することで為替レートを安定化させるというものです。為替の介入にはやり方が何通りかあるのです。1.単独介入・・・政府機関・中央銀行(日本銀行)が東京市場において自らが市場に加わって為替の介入を行なう。2.協調介入・・・多くの通貨当局が協議したうえでそれぞれの銀行などが持っているお金を用いタイミングを合わせてあるいは小出しに外国為替平衡操作(為替介入)を実行する。3.委託介入・・・異国の通貨当局に対して介入を委任する。4.逆委託介入・・・日銀が外国の通貨当局に成り代わり為替介入(外国為替平衡操作)を遂行する。以上のような種類です。いずれの方法の為替介入も短期に、もしくは連続して為替のレートに効果を与えます。介入の額は当然国の権威をかけているのですから桁違いです。円を例に考えると、普段は少しだけ変動する為替レートが突発的に数円ごとの変化をするのです。個人投資家の方でしたら過去に経験したことがあると思いますが、今まで問題なく含み資産(または含み損)が増加していたポジションを持っていたにもかかわらず、維持している持ち高が決済しましたとの通達が業者よりメールが来ました。利益が出たのかな(損失が出たのかな)?と気にしながら決済報告を確認すると、自分で思っていた結果とはまったく反対の事態となり驚いてしまったといった事例がありました。為替介入が実施された時によく起こることです。こういったことから為替介入(外国為替平衡操作)が施行されると為替の市場の動向とまったく反対の変動をするのです。それだけでなく変動する金額の幅は大幅に動きますので気をつける必要があります。

Link

Copyright © 1996 www.npcpdid.com All Rights Reserved.