www.npcpdid.com

マイホームを持ちたい人にとって、ハウスメーカーを選ぶことは、とても大切なことです。それはハウスメーカーによって、建築工法が異なるので、間取り設計の制約、出窓や壁材などの制約、さらには今後のメンテナンス必要経費に至るまで、全く異なってしまうからです。ハウスメーカーを選ぶにあたっては、坪単価の建築費用だけではなく、建築工法、間取り設計の自由度、耐震設計、高気密高断熱レベル、メンテナンス費用などを十分検討した上で、決定すべきです。お困りでしたらハウスメーカー選び方へ来て見てください。特にこの数年の景気悪化の影響によるマイホーム建築単価のデフレ現象は、注意すべきです。各社坪単価の低価格競争となっていますが、建築物というものは、昔から安かろう悪かろうの安普請で損をするといわれるとおり、極端に安い坪単価には、それなりの理由があるものです。たとえば坪単価を下げるために、本来柱を4寸5分にするところを3寸5分にしたり、柱を安くするために節のある柱を使ったりする場合があります。そうなれば当然耐震力が落ち、風雨で軋む家となってしまいます。坪単価にとらわれると後悔するマイホームになってしまいますので、マイホームを建てるには、じっくりとハウスメーカーの信頼性を調査し、また、設計の自由度があるのか、十分に納得した上で選ばないと後悔してしまうことになりますので、たくさんの情報を集めて、慎重に選定しなければなりません。もしよければハウスメーカーランキングがおススメです。私は、ネームバリューばかり信じて、ハウスメーカーを選定してしまい、その後夢の実現ができないできないの合唱で、がっかりしてしまった経験があります。後悔は先に立たずです。住まい方に後悔しないように、ハウスメーカーは慎重に選びましょう。

Link

Copyright © 1996 www.npcpdid.com All Rights Reserved.